ほっといてちゃんブログ

28歳独身女の一人暮らし日記です

友人は贅沢品だと思っている

わたしは交友関係が狭い方で、友人と会うのはここ数年1~2か月に1回くらいのペースです。大学を卒業して就職してから変わり映えのない生活を送っているので新規の友人がいません。また、みんな高校、大学に知り合っているので5~10年の付き合いになります。そうなりますとお互いの性格がおおよそ理解できているので、好き勝手言えますし、相手の嫌な部分も如実に見えてきます。問題なのは、会って話すと楽しいという思いより、相手への不満が大きくなることです。こうなっては、円満に関係を築けるとは思えません。

このことから、わたしは友人と会う時に制限をつけることにしています。

この友人と会うのはこれが最後だ

連絡を取り合っている時~会う前日頃に、そう心に刻んで当日に挑んでいます。友人と会うくらいもっと気楽にいけよww と思われるかもしれませんが、わたしにとってはこれが良好な関係を保つのに効果的なのです。

アラサーにもなると結婚、出産をして家庭を持っていることも珍しくありません。そういった人々は家事に育児に忙しく、よっぽど仲が良いとかご両親に子どもを預かってもらえるとかお金と時間に余裕があるいうわけでなければ身軽で気軽な独身の友人とちょくちょく会うことは多くないと思います。なので、定期的に会う友人というのは基本的に自分と似たようなスペックになる、類は友を呼ぶわけです。つまり、わたしの場合だと独身・彼氏なし・社会人(年収も同じくらい)といったところです。仕事もおしゃれも恋愛も楽しいというキラキラ女子でなければ、会話は趣味や仕事・上司の愚痴、過去の恋愛のタラレバ話が少なからず占めているのではないでしょうか。わたしはそうです。

タラレバ話は生産的ではない

だらだらとタラレバ話に花を咲かせるのはその時は楽しいのですが、基本的に無駄なんですよね。話すことで気持ちがリフレッシュして、行動にエンジンがかかるのならいくらでもすればよいと思いますが、現状がよくも悪くもない(どちらかというと悪い)人って大体現状維持しかしない気がします。

それってもったいないですし、こっちも奮い立たないですし、関係として有意義ではないですよね。

これが最後だと思うと相手の矛盾にも寛容になれる

給料が安いから転職したいけど、新しい仕事探すのも仕事を覚えるのも面倒くさい。

結婚したいけど彼氏がいない。

彼氏が欲しいけど今の環境では出会いがない。

楽しいことがないから楽しいことが起きてほしい。

わたしの友人はこういう話をすることが多いです。ここ数年、ずっとこのループから抜け出せていません。良かれと思ってアドバイスした時期もありましたが、聞き入れられることはなかったのでもう何も言わないことにしました。相手への不満が大きくなるからです。実際に、不満が限界まで来て距離を置いたこともありました。

ですが、今回が最後のつもりでいると(ああ、また堂々巡りしているな。でも今日でこの友人と会うのは最後だし、これでいいのかもな)と仏の顔ができるようになりました。嫌いだったハードな部活も興味のない授業も最後だと思えば真面目に取り組んでみようかなと思いません?それと同じです。

それでもわたしが友人と会う理由

わたしは友人は必需品だとは思っていません。目新しい情報や発見を共有できる、元気をもらえる、といったお互いにメリットがあるのなら積極的に会ったり関係を続ければいいと思っています。惰性で人と会っても生産性はありません。他にできることがいくらでもあります。お互い時間を割いてお金を使って会うのだから、立派な贅沢品です。

それでもわたしがメリットの有無関係なく贅沢するのは、計画していることを人に話すことで実行しなければいけない!と自分を追い込むためと、純粋におしゃべりをしたいからです。アラサーだって女の子だもの。

週に1回ではネタが尽きて惰性で会うことになるし、お財布にも優しくない。わたしには今の1~2か月に1回がちょうどいいです。贅沢も週1でしていたら贅沢とは言いにくいですよね。お互い社会人ですし、自分の生活がありますし、報告内容の補充期間としてもこれがベスト。さらにこれが最後だと思えば不満もたまりにくい。

 

交友関係に思うことがある方、よかったらお試しあれ。