ほっといてちゃんブログ

28歳独身女の一人暮らし日記です

【婚活記録4】高校教師のDさん(37歳)【☆☆☆】

 

隣県で教師をされているDさん。

 申し込み  

・Dさんからオーパスで申し込み。

・はにかんだ笑顔がさわやかな写真。見た目は歳相応か、少し若いくらいな印象。

やりとり 

・文章でのやりとりは苦手なので、できれば早い段階で会いたいと思っているけど、そちらのペースに合わせるので質問があったらなんでも聞いてください、と開始して間もなく伝えられる。

わたしも同じなので、そう言って頂けるとありがたく思うことを伝える。

・淡泊な内容ながらも、レスポンスは早い。

・宣言通り、やりとりを開始して2~3日くらいでお誘いが来る。高速で1時間くらいかかるけど、こちらに来てくれるとのことで快諾。LINE交換をする。

お見合い

・仕事後、待ち合わせ場所に向かう。そこで写真のDさんらしき人を見かけるも、写真とイメージも雰囲気も違って不安な上に、Dさんらしき人は周りを探す様子がなさそうだったのでLINEで連絡。

・やっぱりDさんだったので、こちらから声をかける形で合流。第一印象は、おっさんの階段を上り始めたおっさん(初級)だ…。わたし、写真の魔法にかかりすぎ。

・グレーのポロシャツ、チノパン。お酒飲むらしいけど、パッと見た感じまだ特有のお腹ぽっこりはしていない(多分)。

・わざわざ来て頂いたのでこちらからお店をいくつか提案すると、しばらく黙って考えた後「なんでもいいです」と言われる。生理的に この人とはご縁がないな と悟る。

・カウンター席でごはん食べながら、こちらから話題を振って話を広げる。Dさんも少しずつ話してくれるようになる。

・「普段あまり緊張しないんですけど、今日はなんでかわからないけど、緊張します」と言われる。

・コーヒーがお好きなDさん。食後にどこかのカフェのコーヒーを飲みたいらしく、スマホを取り出し、近場のカフェを無言でしばらく探し始める。この人とはやっぱりご縁がないな と再認識する。

結局近場のカフェはもう閉店時間が迫っているので諦める。もしかして、時間が早かったらわたしも付き合わなければいけなかったのか…?

・食事代はDさんが出してくれる。

その後

・DさんからLINEでお礼の連絡が来る。

・その一週間後、Dさんから掲示板を終了される

・その後、DさんからLINEで「お元気ですか?またごはん行きませんか?」と連絡が来る。まだスケジュールがわからないので、わかったらご連絡します、と返事してそのまま放置。

お目当ての人がいたけどうまくいかなくてわたしに連絡してきたのかな…?

総評

・写真はプロが撮るものなので、大体奇跡の一枚と思うが吉。

・20代からしたら、30代半ばを過ぎた男性はおっさん~おっさんに片足突っ込んでいると思われてもおかしくない。年下の女性を狙うなら身だしなみや姿勢、体型などを見直し、魅力的な異性として見られる努力が必要。

・調べものをするためとはいえ、初対面の相手の前で断りなく無言でスマホいじるのはよくない。もっと周りを、特に目の前にいる相手の白けた目を見た方がいい。コミュニケーション大事。