ほっといてちゃんブログ

28歳独身女の一人暮らし日記です

【婚活記録7】工学系のGさん(27歳)【☆★★】

申し込み 

・Gさんからオーパスで申し込み。

・写真のGさんは純朴な笑顔で、20代前半くらいに見える。

やりとり 

・1日1回のペースでやりとりする。会話内容は婚活マニュアルに書いてありそうな当たり障りのないもの。正直つまらなすぎてどうしようかと思った

・開始してから一週間後にごはんのお誘いがあり、こちらの仕事後に会うことになる。

・お店はGさんが探してくれる。

お見合い

・服装忘れた。女子にモテたくて少しファッションを意識し始めたけど、お金はかけたくない大学生が選ぶようなカジュアルな服装だった。

・写真より顔はすっきり、体はがっちりしていた。写真が1年前のもので、今より5kg太っていたらしい。でも笑顔がかわいくて、親しみのあるGさん。アラサーに見えない。

・Gさん、ネット予約してくれていたけど受付機械に苦戦し、結局使い方を店員さんに聞いて着席。とにもかくにも土曜の夜のごはん時で、新規客がゴロゴロ待ってたから予約してくれてありがたかった。

・掲示板でのやりとりでGさんがなんとなくわかっていたので、食事と他愛ない会話を楽しんでから結婚観について聞き出す。

わかったことは

  1. 仕事から帰ったら奥さんに「おかえりなさい♡」と言ってほしい。
  2. 奥さんは共働きでも専業でも構わない
  3. 親が土地持ちで、結婚したら実家の向かいに家を建てる予定
  4. 実家でお米や野菜を作っていて、Gさんは稲刈りを手伝わされる。
  5. 結婚は30歳までにしたいと考えている。

ということ。

Gさんの収入は多いわけではないし、奥さんが専業主婦でもいいと言うのは甘いのでは…? 実家がどちらかというと裕福そうだから、そこらへんちょっと疎いのかも?

・食事代はGさんが出してくれる。

その後

・帰宅後、Gさんから「ほっといてちゃん礼儀正しくて大人の女性って感じなのに、笑顔はすごく可愛くて(※Gさんの個人的な意見です)めちゃくちゃ緊張しました!」とメッセージが届く。きちんと褒めてくれるGさん、わたしの中のランキングが上がる。

嫌な言い方すると、Gさんチョロそう

・その後もやりとりは変わらず続き、食事から一週間後にGさんから食事に誘われる。

・Gさんが予約してくれたお店で2回目のお食事。相変わらず純朴そうなGさん。笑顔に癒される。でも格闘技をしていたらしく、腹筋は硬いし割れてる。なんというギャップ。

・仕事が忙しく婚活休止期間があって、現在やりとりをしているのはわたしの他に1、2人というところらしい。

・わたしのことを気に入ってくれているようだけど、LINE交換など積極的に距離を縮めてくるわけではない。

・食事代はGさんが出してくれる。

総評

・自分がいいなと思った相手は、他の誰かもいいなと思っているので、気になる相手が見つかったら捕まえておくが吉。